> キャッシングを申込む際に気をつけておきたい年齢上限

キャッシングを申込む際に気をつけておきたい年齢上限

消費者金融のキャッシングを利用する際には、
銀行などの金融機関でローンを組む時と同じように審査が行なわれます。
その審査を通過してはじめてキャッシングを利用できることになるのですが、
申し込みをする際にはぜひ気をつけておきたいことがあります。

キャッシングの年齢上限に気をつける

キャッシングを利用する際の年齢上限についてです。
学生向けのキャッシングを除いては、通常のキャッシングを利用できる年齢は
20歳以上の成人という決まりごとがあります。

未成年であったり、定年後の場合、返済能力が乏しいと判断される

また、年齢上限として65歳までという制限が設けられています。
キャッシングを利用する場合、いかに滞りなく返済ができるかが
審査を通過する上で重要な項目となってきますが、
未成年の場合、一般的には収入も少なく返済能力に乏しいとみなされるため、
キャッシングの利用は20歳以上の成人という条件が付けられているのです。
また、65歳という年齢上限についてですが、高齢者の場合、
ほとんどの人が収入の大部分を年金に頼っているため、
そのこともまた返済能力が乏しいものとみなされてしまうのです。

また、年齢だけではなくキャッシングの利用者の年収も審査に通過するかどうかの
判断基準となります。消費者金融などからお金を借入れるときには総量規制という
借入れの可能な額の上限が決められており、年収の3分の1までしか
借入ができないことになっています。
そのため、借入れを行なうには、働いていることが最低条件となり、
給与などの安定的な収入が求められるのです。

実際に返済が遅れると貸している消費者金融からすると迷惑です。
ですから事前にそういった審査をするのは当然でキャッシングを滞納したら差し押さえがある?という疑問を持っている時点で借り入れはしないほうがいい方かもしれません。

申し込む際に年齢に気をつける必要もあるのですが、他に気をつけておきたいことがあります。それは闇雲に申込みをしないという事、「キャッシングの申込に有効な事前の簡易審査」を合わせて読んでおくと良いかもしれません。

ちなみに総量規制は貸金業者についての決まりである貸金業法によって定められているため、
銀行での借り入れの場合には、総量規制の対象外となります。