> 消費者金融の借入とクレジットカードについて

消費者金融の借入とクレジットカードについて

キャッシングには大きく分けて、キャッシングカードを
利用してatmから現金を引き出す方法と、
クレジットカードにキャッシング機能をつけているものを利用して
atmから現金を引き出す方法があります。

キャッシングカードは消費者金融系などが発行している独自のカードで、
借入や返済にしか使うことができません。
一方、キャッシング機能のついたクレジットカードは買物にも借入にも
使うことができますので、買物でカードを使うことが多い人には
とても使いやすいシステムと言えます。

こういったカードは主に信販系会社が取り扱っていますが、
大手の消費者金融系でもクレジット払いが可能なキャッシングカードを発行しています。

消費者金融でのキャッシングとクレカキャッシングの違い

消費者金融のキャッシングとクレジットの違いは、利用限度額の大きさです。
基本的には、消費者金融の中でも大手の老舗業者や銀行と提携しているような
資金力の大きいところであれば、年収が多ければ
利用限度額を数百万円に設定することも可能です。

一方、信販系会社のカードの場合には、買物で数百万円の利用枠を
つけることができますが、キャッシングではそれほど高額の枠を
設定することはほとんどありません。

また、買物とキャッシングの枠を共有していることがほとんどですので、
普段頻繁に買物をする人にはキャッシング目的で
使おうとすると不便に感じられることもあります。
カードの管理自体は楽ですし、人に見られてもキャッシングカートとは
わからないという点は便利です。